一戸建て・注文住宅・規格住宅(長野・千曲市)ならイチノイエ

0120-596-903
  • 見学会イベント
  • モデルハウス
  • 商品ラインナップ
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 店舗情報
  • アフターサービス
  • スタッフ紹介
  • 家づくりコンセプト
  • 家づくりパートナー~協力業者様~
  • 地域とのつながり
  • 会社概要
長野で自然素材の家を建てる工務店 - 株式会社熊木住建 > お知らせ > スタッフブログ > 『土地の価格ってどうやって決まるの??VOL2』

『土地の価格ってどうやって決まるの??VOL2』

2020-06-27

 

前回、土地の相場は【公示価格】、【路線価】、【実勢価格】

この3つの総合で決まりますというお話をしました。

では、この3つはどういう物でしょうか?

 

【公示価格】

国土交通省が全国3万以上ある

「標準地」について、

毎年1月1日時点の土地の価格の

適正な指標として公表するのが公示価格。

 

【路線価】

国税庁が道路に沿った宅地について、

毎年1月1日時点の1㎡あたりの価格を

評価して定める価格が路線価。

相続税、贈与税、固定資産税は、

この路線価が評価基準になります。

 

【実勢価格】

不動産会社やハウスメーカーなどの

分譲地の広告などに記され、

売買される際の土地価格が実勢価格。

皆さんはこの価格を見る事が多いと思います。

 

超人気の沸騰価格でなければ、

実勢価格=相場と考えられます。

公示価格や路線価をもとにして決まる場合もありますが、

その土地の環境や日当たりなどの

立地条件によっても左右されます。

また、人気の高い土地の価格は

周辺の相場より高くなることもあります。

 

場所によって特殊な条件が付いている土地などもあり、

これ以外にもお伝えしたい事がたくさんありますが、

もし、土地の事をもっと知りたい!聞きたい!という事でしたら、

是非、熊木住建スタッフに聞いてみて下さいね。

 

 

よっしー


Copyright © ICHINOIE All rights Reserved.