一戸建て・注文住宅・規格住宅(長野・千曲市)ならイチノイエ

0120-596-903
  • 見学会イベント
  • モデルハウス
  • 商品ラインナップ
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 店舗情報
  • アフターサービス
  • スタッフ紹介
  • 家づくりコンセプト
  • 家づくりパートナー~協力業者様~
  • 地域とのつながり
  • 会社概要

『漏水』

2020-03-17

 

こんにちは、メンテナンス&リフォーム課の町田です。

 

「今シーズン、ほんっとに!雪がすくないですねぇ~」

なんてよく話題にあがりますが…

 

ほぼ降らない積もらないまま

冬が終わってしまうかも?

と思う最近です。

 

そんなシーズンなので、

水道管の凍結依頼が

例年に比べ全くといっていいほど無いです。

 

ですが、水道管って凍結以外でも

“漏水”(水漏れ)っていう

厄介なことも起こります。

 

原因として水道管の経年劣化による

腐食や電飾(でんしょく)などさまざまですが

基本、水道の配管は、

土の中やコンクリートの中など

目に見えないところに

配管されているのがほとんどですので

漏水してしまうと、なかなかその箇所を

発見するのが難しいことがあります。

 

漏水している場合、

自分達ではなかなか気付くことはできませんが、

ほとんどの場合、

水道の検針の時に検針員の方が教えてくれます。

「いつもより水道の使用量が多いので

漏水しているかもしれません」といった具合に。

 

最近ではだいぶ下水道のほうも完備されてきているので、

漏水していた場合

水道料金プラス下水道料金も

プラスで掛かってきてしまうので

かなりの量が水漏れしていた場合、

その負担も大きくなってしまいます。

 

基本的に漏水していた場合

修理代金や上がってしまった水道料金も

使用者負担になってしまいます。

 

漏水している個所を直してから

免除の依頼もできますが、

上がってしまった料金の差額分は

全額戻ってくるわけではないので

なるべく早めの修理が必要です。

 

もしかしたら漏水しているかも…

という方は気軽に相談してくださいね。

 

以上!マッチ―でした^^

 

 

まっちー


Copyright © ICHINOIE All rights Reserved.