一戸建て・注文住宅・規格住宅(長野・千曲市)ならイチノイエ

0120-596-903
  • 見学会イベント
  • モデルハウス
  • 商品ラインナップ
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 店舗情報
  • アフターサービス
  • スタッフ紹介
  • 家づくりコンセプト
  • 家づくりパートナー~協力業者様~
  • 地域とのつながり
  • 会社概要

『新聞記事より』

2019-09-03

 

皆さま こんにちは

イチノイエの佳志子です。

 

お盆が明けた途端、吹く風が急に秋めいてきて、

夏服では肌寒い日さえある今日この頃、

たまたま開いた新聞に気になる記事がありました。

 

「ビジネスマンの“簡単”おしゃれ」

と題された記事には、

夏場になると急に目立つ「ベルト」について

書かれていました。

 

ウチの会社でもスーツで仕事をしている

スタッフも居るので、参考までに。

 

ジャケットで隠れてしまうベルトは

つい手を抜きがちなアイテムで、

ふとした瞬間に見えたらボロッとしていては

ビジネスマンとしてスマートではないですよね。

 

あまりボロボロになる前に

定期的な新調がオススメなんですって。

5年を一区切りに考えると良いそうです。

 

ベルトの色は靴と合わせるのが鉄則です。

ビジネスシューズの基本色、黒と茶色の靴を

履く方はダークブラウンを用意すると良いそうです。

 

ベルトの長さも注意が必要なのだとか。

ビジネスに使うベルトは

5つ穴が空いているのが一般的で、

締めるときには真ん中の穴で留められるよう

全体の長さを調節できるものを選ぶと良いそうです。

 

そんなにお金を掛けられないけれど、

きちんとした印象を与えるアイテムなので

3万円のスーツには5,000円程度、

5万円のスーツには1万円ほどのベルトにすると

バランスが整うのだとか。

 

夏場はベルトの存在感が急に増します。

値段の違いで、デザインに大きく差は出ませんが

革の質感が違うと言われます。

 

3,000円以下の安いものを使い倒すのではなく、

5年は使うつもりで、ちょっとだけ背伸びをして

買ってみると良いのではないでしょうか。

 

そう言ったものの、

ウチの夫がスーツを着る機会は

冠婚葬祭ぐらいだから、

黒いちょっと高級なベルトを

買ってみようかな~?と思った佳志子でした。

 

それでは!

 

 

 

かしちゃん


Copyright © ICHINOIE All rights Reserved.