一戸建て・注文住宅・規格住宅(長野・千曲市)ならイチノイエ

0120-596-903
  • 見学会イベント
  • モデルハウス
  • 商品ラインナップ
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 店舗情報
  • アフターサービス
  • スタッフ紹介
  • 家づくりコンセプト
  • 家づくりパートナー~協力業者様~
  • 地域とのつながり
  • 会社概要
長野で自然素材の家を建てる工務店 - 株式会社熊木住建 > お知らせ > スタッフブログ > 『あなたの家は大丈夫?ヒートショックから家族を守ろう』

『あなたの家は大丈夫?ヒートショックから家族を守ろう』

2019-02-13

こんにちは。

設計コーディネート担当のようこです。

 

 

一年間に「ヒートショック」

が原因で命を落とす人は、

 

交通事故で亡くなる人よりも多く、

1万人以上ともいわれます。

 

特に冬場に多く、夏場に比べて

その数は5倍にものぼります。

寒い日が続くこの時期、

家族を危険から守る住まいの工夫と

注意するポイントを再確認しておきましょう。

 

ヒートショックとは

暖まった部屋から寒い廊下や浴室、

トイレなどに移動するとき、

体は体温を調節しようとして血管を収縮させます。

このため、急激に血圧が上昇し、

心臓や血管に強い負担がかかって、

脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こします。

また、そのまま湯船につかると、

今度は急激に血圧が下がり、

意識を失ってしまう場合があります。

 

浴室で起こるヒートショック

ヒートショックの危険が高いといわれる、

浴室での対策をいくつかあげてみました。

特に影響を受けやすい65歳以上の高齢者、

基礎疾患を持っている人は以下のことに気をつけましょう。

 

■あらかじめ浴室と脱衣室をあたためておく

■食事や飲酒のあと、薬を服用したあとの入浴は控える。

特に飲酒後は普段より血圧の変動が激しくなるので要注意。

■洗い場にマットやすのこを敷く。

 

 

一人暮らしの母に、浴室でのヒートショックに

気を付けるよう言ったところ、

「毎日、大きいお風呂へ行っているから大丈夫~♪」との事。

確かに、寒い実家より

冷暖房完備の施設なら安心だと思いました。

 

 

それでは!

 

 

 

ようこ


Copyright © ICHINOIE All rights Reserved.