BLOG

スタッフブログ

2020.11.10

足元灯と保安灯

Category:

リフォーム&メンテナンス

こんにちは、メンテナンス&リフォーム課の町田です。

今回は足元灯+保安灯についてお話します。

足元灯とは、簡単に説明すると、家の廊下など夜に暗い場所などに、

暗くなると自動的に小さな明かりが点灯し、

明るくなると自動的に消灯する足元用の小さな明かりになります。

人が近づくと点灯する、人感センサー付きのものもあります。

これに少しだけ機能をプラスしたものが保安灯になります。

どんなものかというと、普段は足元灯として使用しますが、

停電時には自動点灯して、さらに取外して非常時の明かりとして

持ち運び可能なものになります。

普段の足元灯(ON OFF可能)は、電源からの電源供給になりますが、

停電時の供給は内部の単三電池へと切り替わります。

単三電池は2本使用で、使用する電池の種類によって

点灯時間が異なっていますが、いざ停電となってしまった時の

補助的な明かり(小さい懐中電灯程度)には役立つかもしれません。

最近では、ひと昔前と違って停電が少なくなりましたが、

非常用として(写真のような物を設置には工事が必要です)

用意しておくのもいいかもしれません。

備えあれば憂いなし!何事も備えが肝心です。

気になる方は、お気軽にイエマモまでご相談ください。

2020

Nov

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
BACK TO LIST
TOP