BLOG

スタッフブログ

2020.10.27

「スラブ打ち」

Category:

その他

めっきり寒くなりました。

苦手な冬がやってくる、、、。

冬を少しでも、楽しく過ごせるように、

今年は新しい服をたくさん仕入れました。

コーデユロイのサロペット

厚手のデニムのサロペット

ヒッコリーのパンツ

厚手のヒッコリーのパンツ

って、似たような服ばっかり‼

でも、新しい服を着るのって嬉しいですよね。

さて、そんな寒い冬は、南の島にでも

逃げたくなりますね。

南の島といえば沖縄。

そんな沖縄のお家は、ほぼコンクリート造なんです。

アメリカ文化が根強いことや、

台風が多いことも関係しているかもしれません。

皆さんは、お家を建てるとき、上棟式をやりますよね。

上棟とは、お家の梁や柱を組み、

お家の形を作る日の事。

大勢の大工さんが集まり、1日でお家の形が出来上がります。

イチノイエでも、大工さんやお施主さん、

ご家族やスタッフが集まり上棟式を行って

盛大にお祝いします。

しかし、沖縄のお家はコンクリート造。

上棟式はありません。

代わりに「スラブ打ち」という日があります。

その日は朝からコンクリートを打ち始め

天井部分のコンクリートまで打ち終われば終了。

内地(沖縄以外の都道府県)の上棟式では、

梁や柱を組むため大工さんが集まりますが、

沖縄のスラブ打ちの場合は、

コンクリートを打つ職人さん達が集まります。

車も、コンクリートを運んでくるミキサー車や

コンクリートを流し込むポンプ車が来るので、

男の子は大興奮の日になります。

(イチノイエの木造のお家でも、

材料を吊り上げるレッカー車(クレーン車)が来ますよ!)

コンクリートは打ち始めたら、時間勝負。

お昼も食べずに、作業をすることもあるため、

作業を終了した後は、お施主さんから振る舞いがあります。

振る舞いの定番は「ひーじゃー汁(やぎ汁)」

ヤギの肉が入った汁物です。

沖縄では、ヤギはお祝いの席で食べるもの。

こちらで言う「鯛」みたいな扱いです。

沖縄らしいですよね。

新築のお祝いも定番は「ひーじゃー汁」

先日、私の友人も沖縄でお家を建てたので、

「みんなでお祝いに行くから、ヤギ1頭持って行くね」

と冗談で言ったら、丁重にお断りされました。

(やぎのお肉は臭いが強いので、

お家の中で調理すると、臭いがなかなか抜けません)

ちなみにお味は、ジンギスカンを5倍くらい

「獣」臭くした感じです!笑

そんな、沖縄ならではのお家づくりのお話しでした。

WRITER記事を書いているスタッフ

今村 望美

総務経理

今村 望美

Nozomi Imamura

VIEW ALL→

2020

Oct

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
BACK TO LIST
TOP