イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2020.10.04

階段の種類②

Category:

家づくり

皆さんこんにちは!

イチノイエのひよりです。

 

前回お部屋の印象を変える様々な

階段についてお話ししました。

今日は階段の外観デザインについて!

今回も①と②に分けてお話しします。

 

 

①箱型階段

踏板(階段の足が乗る部分)の両側面に板を付けた、

階段下が箱型になる階段のこと。

間取りに合わせた実用性があり、

階段下に収納がつくれるのもポイント!

 

 

②スケルトン階段

踏板の下に何も付けない、オープン型の階段。

下が空いているので、視覚的にお部屋が広く見えます。

また手すりもアイアンや造作になるので、

おしゃれで個性的なお部屋にしてくれます。

よくリビング階段や吹抜けのあるお部屋に使われますよ♪

 

どちらの階段にもメリット・デメリットがありますが、

最近では上り始め4~5段をスケルトン、

そこから一番上まで箱型という階段にする

お客様もいらっしゃいます。

ライフスタイルや予算によってオススメの階段も異なるので、

ぜひスタッフにお問合せください~

 

ひより

2020

Oct

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
BACK TO LIST
TOP