イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2020.10.03

『細かい部分だけど大事・・・お部屋の部材』

Category:

家づくり

こんにちは。設計コーディネート担当のようこです。

いつのまにか虫の声が聞こえ、日も短くなり秋の足音が聞こえてくる気がします。

夏の終わりは寂しいけれど、もう暑いのはいらないなぁと思う日々ですね。

  

 

お家造りの工事が始まりましたら色々と決めることがあります。

その中の一つに内装建材がありますが、どういう色を選ぶかによってお部屋の表情がガラリと変わります。

大きく分けまして、

・壁と天井の接する所につける【廻縁】

・サッシを縁取る【窓枠】

・壁と床の接する所につける【幅木】があります。

↑上の写真は廻縁も窓枠も壁紙に合わせて白く、幅木は床の色に合わせていますね。やわらかい雰囲気です。

↓下の写真は三つの部材はすべて白です。

家具や小物を主役としてインテリアを考えるかと思いますが、内装建材は隠れた名脇役なのかもしれません。

 

ところで・・・・

どうして幅木は❝はばき❞というのでしょう? 調べてみました。

諸説あるようですが、

「はばき」とは元々舞踊や旅のときに、脛(スネ)に巻いて足を守るスネ当てのことで、壁の下の部分・・・つまり足の部分が傷つくのを防ぐためのものだから、「はばき」と同じ役目で「脛木」→「巾木」→「幅木」となったそうです。・・・へぇ。名前の由来っておもしろいですね。

 

それでは!

WRITER記事を書いているスタッフ

有坂 陽子

ハウスプランナー

有坂 陽子

Yoko Arisaka

VIEW ALL→

2020

Oct

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
BACK TO LIST
TOP