イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2020.9.19

『さまざまな雨樋』

Category:

リフォーム&メンテナンス

 

こんにちは、

メンテナンス&リフォーム課の町田です。

 

今回は、さまざまな雨樋についてです。

 

 

豪雪地域は別として、

一般住宅はもちろんのこと、

どんな建物にも必ず雨樋はついています。

 

その雨樋ひとつとっても、

さまざまな材質のもの、

塩ビ製、ガルバリウム鋼板製、

合成樹脂製、カラー鋼板製、銅、

ステンレス製、アルミニウム製と

意外と種類があります。

 

当然、材質によって

メンテナンス製や、価格、耐久性も違います。

 

形状も半円型、角型、特殊型とあり、

半円型と角型は一般的ですが、

 

特殊型は雨樋の中に

落ち葉や雪などが入りづらいつくりになっており、

なるほど!!って感じの構造になっています。

 

簡単に説明すると、

半円型や角型の雨樋に

“フタ”をかぶせたイメージで、

フタをかぶせることにより

落ち葉や雪の侵入を防ぎ、

円滑に雨水だけを流せる構造になっています。

 

一般的な雨樋にくらべ

値段のほうは割高になってしまいますが、

雨樋の落ち葉詰まりや雪詰まりなど、

住んでいる地域や環境によっては

なかなかのお悩みかと思われますので、

実際に気になっている…という方は

参考にしてみてください。

 

まっちー

2020

Sep

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
BACK TO LIST
TOP