イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2020.9.11

『アルコールスプレーでカビ対策』

Category:

くらしのお役立ち情報

 

みなさんこんにちは!

広報の小林です。

 

今年の梅雨は長かったですね…

一時は梅雨明けが無いのでは

とまで言われていましたが、

なんとか梅雨も明けてくれました。

 

しかし、これだけ長いあいだ雨が降り続いて

ジメジメした日が続くと、

気になってくるのが

「カビ」ではないでしょうか。

 

外は晴れていたとしても、

日当たりが悪い部屋や

締め切ったクローゼット・収納に湿気がこもって

カビの原因になってしまっていることも…

 

かくいう僕も、

先日クローゼットの整理をしていたら

革ジャンにカビが生えてしまっているのを

発見しました…😭

 

そこで今回は、

カビを防ぐお掃除の仕方や

カビが生えてしまったらどうすればいいのか、

ご紹介したいと思います!

 

そもそもカビは、「湿度が60%以上」で

「温度が25〜30℃」の場所を好みます。

さらに「栄養となる汚れ」、

例えば食べかすやホコリ、

皮脂汚れなどがあると

よけいに繁殖しやすくなってしまいます。

 

逆に言えば、

これらの要素が揃わないようにしていけば、

カビを防ぐことができます。

 

クローゼットや押入れであれば、

・長い間着ない服はクリーニングや

ブラッシングをしてからしまう

・布団をしまう場合はすのこを入れたり、除湿剤を置く

・定期的に換気をする

などの対策が効果的なようです。

 

しかし、どんなに気をつけていても

完全には防げないのがカビの厄介なところ。

もしカビが生えてしまったら…

洋服ならクリーニングに出すのが一番ですが、

例えば僕のように革製品がやられてしまったら、

クリーニングも結構いい値段がするんですよね(泣)

 

そこで使えるのが、

「アルコール除菌スプレー」!

コロナ対策として常備しているお宅も

多いのではないでしょうか。

 

 

このアルコール除菌スプレーを使って、

洗濯がしにくい衣服などは

 

①柔らかいブラシなどで表面についたカビを落とす

②清潔な乾いた布やティッシュにアルコール除菌スプレーを含ませて拭く

③しっかり乾燥させる

④革製品の場合は、保湿クリームを塗る

といった手順で、

簡単にホームクリーニングができるようです。

 

洋服だけでなく、

押し入れやクローゼットの壁などに生えたカビも

この方法でふき取ることができます。

また、大掃除などの際に

アルコール除菌スプレーで

壁を拭きあげておくと、

カビの予防にもなるようです。

 

定期的な換気やお掃除が

一番大切なのは変わりないですが、

万が一の時に覚えておくと役立ちそうですね♪

 

熊木住建のメンテナンス部では、

お家のクリーニングなどの

ご相談も承っていますので、

もしひどい汚れの時はお気軽にご相談ください^^

 

※素材によって変色・変質の可能性があるため、

事前に目立たない箇所で試してから行ってください。

 

※カビの跡がついてしまった場合は、

塩素系漂白剤で目立たなくすることが

できる場合があります。

この場合も目立たない箇所で

事前に試してください。

 

※素材を傷めてしまう場合もありますので、

行う場合は自己責任でお願いします。

可能な限りプロにご相談ください。

 

それではまた次回♪

 

こばちゃん

WRITER記事を書いているスタッフ

小林 宏城

広報

小林 宏城

Hiroki Kobayashi

VIEW ALL→

2020

Sep

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
BACK TO LIST
TOP