イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2020.7.28

『お家で快適に過ごす、湿度・温度のお話』

Category:

くらしのお役立ち情報

 

こんにちは、もりたくです。

 

いよいよ夏本番!

連日暑い日が続きますが、

みなさんバテていませんか?

 

おうち時間が増えると、

家の中での熱中症のリスクも増えるので、

温度と湿度を適切に管理して、

水分補給に気をつけてください。

 

 

そんなおうち時間での、

適切な温度と湿度についてのご質問をよくいただくので、

今日は快適な目安をご紹介します!

 

 

まずは温度。

熱中症対策などでよく聞くのが【28℃】ですが、

28℃って結構暑いですよね?

28℃で暑いと感じる方は

目安を25~6℃ぐらいに設定するのが

いいと思います。

 

ただし!

あくまで体感は体調や湿度によるので

(湿度が低いと気温が高くても

体感は快適な場合があります)

「○○℃だから安心!」

と言うことはありません。

 

まず「暑くないこと」

そしてこちらも重要ですが「寒くないこと」が

快適な温度の目安になります。

寒く感じているときは発汗もしにくく、

外との温度差でかえって体調を崩すこともあるので

気をつけてくださいね。

 

ちなみにもりたくは暑がりなので、

家族に合わせた室温設定では

寝苦しい日々が続いています 汗

 

 

続いて湿度。

こちらもよく聞くのは50~60%ですよね。

50%なら多くの方が湿度を不快に思わず過ごせます。

 

湿度50%室温28℃というのが

熱中症対策の目安なので、

上の温度の話と合わせて

【湿度50%室温25~6℃】を目指してください。

 

こちらも注意していただきたい目安は

60%を超えたとき!

60%を超えていると不快なのももちろんですが、

知らず知らずのうちに

脱水になったりボーッとしたりしてしまいがちです。

 

温度は体感ですぐに「暑い」「寒い」がわかりますが、

湿度はなんとなくで見過ごすことが多いので

注意してください。

 

 

最後に、どんなに快適な室温と湿度でも

水分補給は必ずしてください。

熱中症になった方はわかると思いますが

「喉が渇いた」時はすでに遅く、

そのまま動けなくなったりするケースもあります。

 

一気にたくさんではなく、

水分のちょい飲みを意識してくださいね。

 

熊木住建で建てるお家は

一年を通して快適に過ごせるよう、

省エネなのはもちろん、

温度と湿度の管理がしやすい

高気密で高断熱のお家です。

 

これからお家づくりをはじめる方は、

そんな過ごしやすさについても質問してください!

快適なお家づくりはじめましょう。

 

もりたく

2020

Jul

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
BACK TO LIST
TOP