イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2020.5.15

『今昔』

Category:

 

こんにちは、

熊木住建工務課マネージャーの竹内です。

 

リフォームの工事をやっているときに

ふと思ったのですが、

床のつくり方が昔と今では違うという事を

皆さんはご存知でしょうか?

 

 

今のつくりはこのように

土台、大引きの上に24~28ミリの合板を敷き

その上にフロアー材をはっていきます。

これを根太レス工法といいます。

 

 

そして少し前の床組の仕方は根太工法なのですが、

大引きの上に45×54ミリぐらいの根太を

フローリング仕上げなら303mmの間隔で、

畳仕上げなら455mmの間隔で根太を入れて

その上に12mmの合板をはり、仕上げ材となります。

 

以前は上棟の際、床のない危険な状態で

作業を行っていました。

今の根太レス工法ですと

上棟時に合わせて床をはれるという利点があり、

作業の安全性と簡易化ができて効率が良くなり

ほとんどの工務店さんが

この根太レス工法としています。

 

上棟時、現場でお手伝いしているとき

下に床があると安心感が違います。

 

ただ基礎の立ち上がりの

天端のレベルの精度が求められ

基礎屋さんが大変になるかな!

 

今は全体で3mmの誤差までを平均として

熊木住建では管理しています。

 

少しお勉強になればと思います。

 

 

しんちゃん

WRITER記事を書いているスタッフ

竹内 晋二郎

工務

竹内 晋二郎

Shinziro Takeuchi

VIEW ALL→

2020

May

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
BACK TO LIST
TOP