イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2020.1.05

『もう冬だけど、衣替え。知っておきたい、洗濯・収納術①』 

Category:

 

こんにちは。設計コーディネート担当のようこです。

 

今年も暑い日が長く続いて、

夏服を整理するタイミングを外してしまいました…。

衣替えの時期はとっくに過ぎていますが、

衣類のメンテナンスと整理整頓を兼ねて、

洗濯と収納のコツを調べてみました。

 

夏の汚れを残さずきれいに

夏の衣類には汗や汚れがつきやすいもの。

そのままにしておくとシミや黄ばみ、

ニオイの原因になってしまう場合もあります。

衣類をしまう前にはしっかりと汚れを落としておきましょう。

 

『家での洗濯のコツ』

汗や皮脂などの汚れが付きやすい襟や脇の部分には、

洗濯の前に中性洗剤を

そのまま塗布してやさしくもみ込みます。

全体的な汚れにはつけ置き洗いも効果あり。

 

『クリーニングは早めに出す』

汚れは日がたつほど落ちにくくなります。

また、汗汚れは通常のドライクリーニングでは

落としきれない場合もあるため、

「ウェットクリーニング」や

「汗抜きクリーニング」などといった

別コースを選ぶのもおすすめ。

 

 

収納と基本とコツ

次に着るときにも取り出しやすく、

また、気持ちよく着るためにも、

すっきりとした収納や衣類の整理整頓が欠かせません。

手間をかけずにキレイに衣類をしまうための

ポイントをご紹介します。

 

『着る服と気ない服を分ける』

中にはワンシーズンで、

着られなくなってしまうものもあるはず。

今シーズン一度も袖を通していないものがあったら、

思い切って処分してしまうのも手。

リサイクルショップを活用しても。

 

『湿気やカビにも注意』

夏物衣類をしまう前には、しっかりと乾燥を。

湿気が残っているとカビの発生原因になります。

クリーニングが済んだ衣類は

必ずビニールを外してからしまうようにしましょう。

 

 

衣類の断捨離も必要ですね。

自分の物に加え、子どもの服も整理しなくてはならないとなると、

もう大変…。

 

次回も引き続き、収納の基本とコツをお伝えします。

 

それでは!

 

 

ようこ

WRITER記事を書いているスタッフ

有坂 陽子

ハウスプランナー

有坂 陽子

Yoko Arisaka

VIEW ALL→

2020

Jan

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
BACK TO LIST
TOP