イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2019.12.10

『アレルギーに要注意!秋こそ必要なダニ対策②』 

Category:

 

こんにちは。設計コーディネート担当のようこです。

 

今回は前回の続き、ダニの性質と対策についてお知らせします。

 

ダニが繁殖しやすい場所とは?

高温多湿になりやすい場所は要注意。

たとえば、夏の間押入にしまい込んだままの布団には、

数万~数十万のダニがいるといわれています。

肌寒くなって布団を出す頃には、

その中にアレルゲンがたまっている可能性が高く、

想像しただけでも不安になりますよね…。

 

繁殖させない対策は?

プラン段階での対策としては、

布団をしまう場所を高温多湿にしない、

つまり他の空間と同じ温度と湿度に保つようにします。

例えばですが、建物の真ん中に納戸を計画して、

壁を天井まではつくりません。そこにお布団をしまいます。

自由設計ならではですね。

イチノイエのお家は、

ウォークインクローゼットをそのように施工している場合が多いです。

ぜひ見学会でチェックしてみてくださいね。

 

 

アレルゲンを取り除くには?

これはもうお洗濯するしかありません。

丸洗いできるものは洗濯機で洗うと、

その多くを取り除くことができます。

でも、家庭で布団を洗うのは簡単ではありません。

布団の場合、天日干しをしたあと

両面を掃除機で吸い取るだけでも違いがでます。

目安は週に一度、1㎡あたり20秒以上

掃除機をかけるのがよいそうです。

 

布団を干して、そのあと更に掃除機がけを両面…。

うんざりしますね…。

 

では、布団乾燥機はどうでしょう?

ひとつ重労働から解放されそうです。

 

次回は布団乾燥機についてお伝えしたいと思います。

 

 

それでは!

 

 

ようこ

WRITER記事を書いているスタッフ

有坂 陽子

ハウスプランナー

有坂 陽子

Yoko Arisaka

VIEW ALL→

2019

Dec

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
BACK TO LIST
TOP