イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2019.10.30

『腐葉土をつくってみよう②』

Category:

 

皆さんこんにちは。

イチノイエの今村です。

 

我が家には、

ものすっごくかわいい七輪??があります。

これでさんまを焼きたいのですが、

ご近所の目が気になり、

遂行できないまま、4年程過ぎました。

 

今年こそ!焼くぞ!さんま!

 

さて、前回の続きです。

前回は腐葉土が家庭菜園やガーデニングに

どれほど役立つか書きました。

腐葉土ってスゴイ!と分った所で、

いよいよ腐葉土を作ってみましょう。

 

今回は、ご家庭で簡単に、

しかも短い期間でつくれる方法をご紹介します。

 

①はじめに原料となる落ち葉を集めます。

ちなみに落ち葉のなかでも腐葉土に向きの落ち葉と

向いていない落ち葉があります。

腐葉土向きの落ち葉は広葉樹の落ち葉。

マツやスギなどの細い落ち葉より、

ザ・葉っぱ!という見た目の落ち葉をあつめましょう。

 

②穴を掘って落ち葉を入れる

落ち葉を集めたら腐葉土を作るための穴を掘り、

その穴に集めた落ち葉を入れます。

その落ち葉を入れ終わったら上面を土で覆い、

雨をよけるためブルーシートを上からかぶせます。

風で飛んでしまわないように

必要があれば重しを置きましょう。

 

③掘り返して混ぜるを繰り返す

 

3ヶ月くらい放置したらブルーシートを取り、

落ち葉を掘り返して混ぜます。

混ぜ終わったら再度ブルーシートを被せます。

このサイクルを繰り返していくと、

落ち葉の原型がなくなっていきます。

だいたい6ヶ月から12ヶ月で腐葉土が完成します。

 

えっ!?半年~1年もかかるの?

と思った方。

実はとっておきの裏技があります。

 

それは「米ぬか」です。

 

穴に落ち葉を入れる時に「土と混ぜた米ぬか」を

落ち葉と交互に入れていきます。

落ち葉と米ぬかの層を作るイメージです。

米ぬかを混ぜた場合は1ヶ月に一度混ぜ合わせます。

早ければ3ヶ月で腐葉土が完成しますよ♪

 

穴を掘るのは大変だし、場所もない…

という方!

 

そういった場合はポリバケツやゴミ箱を使って

腐葉土を作ることができます。

容器に排水用の穴を空ければ、

あとは穴を掘った場合と同じ。

蓋が付属している場合は、ブルーシートの代わりに

蓋をすればOKです!

 

基本的に放っておくだけでできる腐葉土。

ホームセンターでも売っていますが、

今年は、お家の落ち葉を使った手作り腐葉土で、

家庭菜園やガーデニングを楽しんでみませんか?

 

 

 

のんちゃん

WRITER記事を書いているスタッフ

今村 望美

総務経理

今村 望美

Nozomi Imamura

VIEW ALL→

2019

Oct

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
BACK TO LIST
TOP