イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2019.5.20

『和室』

Category:

みなさんこんにちは!

ぐっち―です。

今回は、和室を構成する部材について

お話ししたいと思います。

 

一般に、和風室内の敷居(しきい)、

鴨居(かもい)、長押(なげし)、

回り縁その他を総称してうちのり(内法)材と呼びます。

 

柱は、上階や屋根などの荷重を土台や基礎の

下部構造の伝える役割を持つので弾力性のある

「ひのき、まつ、つが」などの芯持ち材を使います。

(芯持ち材とは、木(年輪)の中心を入れて製材した木材のこと)

 

敷居は、建具(仕切り)を受けるために敷く水平部材で、

畳又は縁側と接しています。

ちなみに敷居には、建具をはめるための

溝がありますが、溝がない敷居もあり、

無目敷居と言います。

材料は柱と同じで「ひのき、まつ、つが」など、

なるべく堅い材料を使います。

 

鴨居は、建具を受けるために、

開口部の上部に入る水平部材で、

建具をはめる溝があります。

溝がない鴨居は無目鴨居又は無目といいます。

鴨居の材料は、溝を加工するため、

もみ、すぎ、ひのき、つがなど、加工性がよいものを用います。

 

まだまだ、たくさんの名称があるので
今回お話した柱、敷居、鴨居を含め、

皆さんにお伝えしながら覚えていきたいです♪

 

ぐっち―

 

WRITER記事を書いているスタッフ

坂口 遼

大工見習い

坂口 遼

Ryo Sakaguchi

VIEW ALL→

2019

May

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
BACK TO LIST
TOP