イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2019.5.06

『四方転びの踏み台』

Category:

 

みなさんこんにちは!新人の坂口遼です。

今回、紹介しますのが

「四方転び(しほうころび)の踏み台」です。

これ、実は僕の手作りです。

 

四方転びとは、四方の柱が中央に向かって

傾斜した形状を言います。

四方転びにすることによって、

まっすぐの時よりも安定し

荷重にも耐えるし、倒れにくいので踏み台には

もってこいの、形になります。

お寺の鐘楼や神社の水屋(みずや)などに

使われる技法です。

 

この踏み台は、2級建築大工技能検定の課題でもあります。

天板、柱、半柱、正面ぬき、側面ぬき、つなぎという

6つの材料でできており、

それぞれ「ほぞ」「ほぞ穴」を作って組み立てています。

柱をつなぐためのぬきや、柱を入れる天板のほぞ穴は

真っ直ぐに掘るのではなく、柱の勾配と同じになるよう

斜めに掘らないといけません。

刻みも同じく勾配があり、勾配通りに切るのは難しいです。

 

 

ですが加工は楽しいです!

 

「継手(つぎて)」

(2つの材料が取り合うとき、

部材が一直線になるようにつなぐ加工法)

や道具使いはまだまだ未熟なので、

仕事を通して技術を磨いていきたいと思います!

 

 

ぐっち―

 

WRITER記事を書いているスタッフ

坂口 遼

大工見習い

坂口 遼

Ryo Sakaguchi

VIEW ALL→

2019

May

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
BACK TO LIST
TOP