イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2019.3.15

『木育インストラクター』

Category:

みなさんこんにちは、

あやちゃんです。

 

2月のはじめに東京おもちゃ美術館で

木育インストラクター養成講座に参加してきました。

 

まず、木育とは?

『木育』とは、幼い時から木に携わることで、

木のぬくもりを味わい、木のある暮らしを

もっと身近に感じて頂き、木の大切さを感じながら

豊かな心を育むために、2004年に北海道で生まれた

言葉です。     

 

木育の取りくみ方を

講義と実際のワークショップと同じものを

私たち受講者にも実施してもらい、

どのように表現したらお子さま方に

興味をもってもらえ、楽しくわかりやすく

伝えたいことが伝わるかを学んできました。

 

古来より日本人の生活には

木は欠かせないものでした。

 

木で住むお家をつくり、

木で道具をこしらえて耕作をし

木の道具で調理をして

木の食器で食事をしました。

移動は木の船や籠、

荷物も木の車で運んでいましたね。

赤ちゃんは木の桶で産湯を浴びて

木の棺桶で生涯をとじます。

 

生活の中の木は身近であるからこそ

あまり意識されないこともあるでしょう。

木製品の背景には多くの携わる方々がいます。

そのことを、大人の皆さまも少し気にかけてほしい、

そのきっかけづくりができればと

改めて思っています。

 

ぜひ、熊木住建の木育活動に

参加してくださいね。

 

あやちゃん

あやちゃん

WRITER記事を書いているスタッフ

くまっきー

大工見習い

くまっきー

kumakki

VIEW ALL→

2019

Mar

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
BACK TO LIST
TOP