イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2019.1.18

『柱の種類』

Category:

こんにちは、現場監督の竹内です。

 

今回は、お家をしっかり支えてくれる

柱の種類についてお話します。

 

柱は建物の構造上、最も重要な役割をしています。

 

そんな柱には

管柱(くだばしら)、通し柱、間柱、などの種類があります。

その中に材種があり、杉、ヒノキ、ホワイトウッド集成材

などがあります。

 

化粧材と言われる柱(常に見えている柱)は、

例えば床柱(とこばしら)があります。

(床の間の両側に立っている柱)

そのなかにも、ケヤキ・イチイ…など色々な材種があります。

 

柱は、無垢のまま使うと反り、捻じれが起こり

内部建具の開閉が上手く出来なくなることがあります。

そのため、内部は集成材と言って、

細かい木を繋ぎ合わせた柱を

使う場合もあります。

 

無垢材の木の反りや捻れは

自然乾燥もしくは機械乾燥したときに

ひどいものは取り除いているので安心してください。

 

ただ、たまに少し反るものもありますが、

内部の建具に影響が出るほどのものではないので、

ご心配なく。

 

以上、柱の種類についてお話しました。

 

ほとんどの柱は、

壁や内装で見えなくなってしまいますが、

家の重さを耐えているのがこの柱です。

 

たくさんの人の目によって、選りすぐられた柱が

イチノイエの自然素材でつくるオーダーメイドのお家や

自然素材の規格住宅WOODBOX・jigsaw

には使われているんだな!

と感じてもらえたらな…って思います。

 

現場からは以上です。

 

たけうち しんちゃん

 

WRITER記事を書いているスタッフ

竹内 晋二郎

工務

竹内 晋二郎

Shinziro Takeuchi

VIEW ALL→

2019

Jan

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
BACK TO LIST
TOP