イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2018.7.16

『上棟前2』

Category:

こんにちは!現場監督の竹内です!

 

お家づくり序盤の現場です。

 

何をしているかといいますと、

基礎(コンクリート)部分に

土台(木材)の墨だしをしています。

 

墨だしとは、お家をつくる際に、

部品をつなぐ位置や

サイズを正確に出して

「しるし」をつけることです。

 

そんな墨だしをどうして今しているのか?

 

基礎の中にはアンカーボルトと言って

土台と基礎を繋ぐための金具が埋まっています。

 

アンカーボルトはしっかり土台に固定しないと

動いてしまいます。

だから、しっかり墨だしをして、

アンカーボルトの位置を測って  

穴あけをするための基準を出して、

土台を据えるのです。

 

実は、

こういった所から上棟の準備が始まっています。

(上棟とは、大勢の大工さんが集まって、

柱や梁(はり)を組み、

1日でお家の形を作り上げる日の事です。)

 

これも、目には見えない工事ですが

こうしたひとつひとつの細かな仕事を、

大工さん達がしっかりやってくれているおかげで

安全・安心なお家づくりが進んでいくんです。

 

みなさんも現場に立ち寄った際には、そんな

「目に見えない細やかな仕事」を感じて下さい!

 

現場からは以上です。

 

 

たけうち しんちゃん

WRITER記事を書いているスタッフ

くまっきー

大工見習い

くまっきー

kumakki

VIEW ALL→

2018

Jul

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
BACK TO LIST
TOP