BLOG

スタッフブログ

2018.7.09

『上棟前』

Category:

こんにちは!現場監督の竹内です!

 

上棟前の現場です。

(上棟とは、大勢の大工さんが集まって、

柱や梁(はり)を組み、

1日でお家の形を作り上げる日の事です。)

 

上棟の日は大工さんの人数が多いので、

1日でどれだけ作業が進むかによって、

その後の工事の日程にも関わってきます。

なので、準備がとても大切です。

 

当日の現場には、

こんなにも沢山の材料が積み重なっています。

 

この材料もただ置いてあるだけでなく、

上棟時に使う順番で置いてあります。

 

上棟で一番最初にやることは、

柱を立てること。

なので柱が一番上に来るように積んであります。

 

その次に桁(けた)や梁(はり)など

手順通りに

上から順番に積み重ねてあるんです。

 

材料も、昔は大工さんが

「ホゾ」と「ホゾ穴」という部分を刻み、

現場まで運んでいましたが、

今はプレカット

(工場でそのお家に合わせて

材木をカットしておく工法)

が主流になり、

材木屋さんのプレカット工場から

運送屋さんが現場まで運んできます。

 

材木の運送屋さんも専門でいて、

特に指示をしなくても使う順番に置いてくれます。

ちょっとしたことですが、

このひとつひとつの積み重ねが

仕事をスピーディーに進ませてるんですね!

 

上手く段取りしましょ!

 

現場からは以上です。

 

 

たけうち しんちゃん

WRITER記事を書いているスタッフ

竹内 晋二郎

工務

竹内 晋二郎

Shinziro Takeuchi

VIEW ALL→

2018

Jul

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
BACK TO LIST
TOP