イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2018.6.06

『スイッチの話し season4』

Category:

こんにちは。

お魚が好きです。

今村です。

いちばん好きな魚は、イサキです。

イサキの旬は初夏!

これから旬を迎えます。

あまりメジャーなお魚ではないのですが、

見かけたらぜひ!食べてみて下さい。

 

さて、お魚の話しから一転。

恒例のスイッチの話しです。

今まで、面白いスイッチや便利なスイッチを

紹介してきましたが、

スイッチの種類は紹介したことがなかったな…。

と思ったので、今回は基本に立ち返って

「主なスイッチの種類」

を紹介していきたいと思います。

 

■片切りスイッチ
ひとつの場所で、

照明や換気扇などをオンオフするための、

もっとも一般的なスイッチです。

基本的には、右側を押すとオン(点灯)、

左側を押すとオフ(消灯)になります。

 

■3路スイッチ

ふたつの場所から、

機器をオンオフさせるためのスイッチです。

よく使われるのが階段の照明のスイッチ。

1階からも2階からもオンオフさせることが可能です。

廊下や玄関ホール使うのもおすすめ。

ちなみに3ヶ所以上の場所から機器をオンオフさせる

4路スイッチもありますが、

一般の住宅で使う事はまず、ありません。

■遅れスイッチ  

スイッチをオフにしても、

数十秒から数分の一定時間、

オンの状態を継続するスイッチです。

トイレの換気扇などに便利です。

玄関の照明にも良いかもしれません。

(お客さんが帰ってすぐ電気を消すのって

心苦しいものです…)

 

■ほたるスイッチ(位置表示灯内臓スイッチ)
オフの時に内蔵されたランプが光るスイッチです。

暗闇で蛍のように内蔵されたランプが光るので、

ほたるスイッチと呼ばれています。

真っ暗ななかでも、

スイッチの位置が分かります。

 

 

■パイロットスイッチ (確認表示灯内臓スイッチ)

オンにしたときに、

内蔵されたランプが点灯するスイッチです。

ランプの点灯で、

その機器が運転しているかどうかが確認できるので、

消し忘れ防止に役立ちます。

(わざわざドアを開けて、

電気が点いているか消えているか

確認しないといけないような場所に便利です)

換気扇や外の照明に多く使われています。

 

まだまだ、たくさんあるのですが、

今回はこの辺で。

 

ひとことでスイッチといっても

使う場所、接続する機器によって

向いているもの、向いていないものがあります。

 

スイッチの選択ひとつで、

生活の便利さが大幅に向上する場合もあります。

スイッチなんてどれも同じと思わずに、

ご自分のライフスタイルに合ったスイッチ選びを

してみて下さい。

 

のんちゃん

 

 

 

WRITER記事を書いているスタッフ

今村 望美

総務経理

今村 望美

Nozomi Imamura

VIEW ALL→

2018

Jun

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
BACK TO LIST
TOP