イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2018.4.08

『地縄張り』

Category:

 

こんにちは、アフターメンテナンス担当の町田です。

 

この間、新築予定地で、

<地縄張り>の作業をしました。

 

<地縄張り>とは、新築工事の最初の作業で、

建築予定地に縄やビニール紐で家の輪郭を地面に張って、

設計図どおりに建物の位置を決めていく作業のことです。

 

縄(ビニール紐など)を張ってみると

意外と建物(家)が小さく見えるかもしれませんが、

工事が始まり、だんだん建物(家)が地面より上に建っていくにつれ

大きく感じてくるかと思います。

 

小さく見えたり狭く感じたりするのは、

平面と立体の感じ方のちがいによるもので

平面から立体化していくと大きく見えるようになります。

 

なんとも不思議ですね~

 

境界線と建物との距離など図面上で見るのと

実際に見るのとでは違って見えたりする場合もありますので、

<地縄張り>の作業が終わりましたら

現地で実際に歩いて確認してみるのもいいかと思います。

 

それでは!

 

 

 まっちー

 

 

WRITER記事を書いているスタッフ

くまっきー

大工見習い

くまっきー

kumakki

VIEW ALL→

2018

Apr

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
BACK TO LIST
TOP