イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2017.11.14

『表札の材質、表札の様式いろいろ』

Category:

皆さまこんにちは

一の家熊さんの佳志子です。

前回の「意外と短い表札の歴史」に続いて

今回は「表札の材質、表札の様式いろいろ」お伝えしま~す。

 

表札が一般的になった頃は、

表札の材質は自然素材の木が主流でした。

長屋の屋根だって板張りでしたし、

今では世界遺産になっている白川郷のような

茅葺(かやぶき)の屋根だって自然の素材ですよね。

 

一部の富裕層の間では陶器製のものなども流行したようですが、

一般的には自然素材の木製の表札でした。

 

その後、昭和の高度成長期になると、

お家の造りもそれ以前に比べて贅沢になり、

表札にもお金をかけるようになってきました。

 

御影石や大理石などの石製や陶板など、

さまざまな材質の表札が登場し、

デザインも凝ったものが登場しはじめました。

 

洋風建築の家屋など、

住宅の様式が多様化するにつれ、

表札のデザインもバラエティに富んできます。

ローマ字表記のものが登場するほか、

紋様を取り入れたものなど、

個性あふれるものも今では珍しくないですね。

 

また、古くから血族関係のある家が

まとまって暮らしてきたような地域では、

同じ苗字の家が立ち並ぶこともあり、

このような土地では家族の名前を

列記したものも多いです。

 

苗字だけでは訪ねたい人の家がわからないからですね。

 

近年では、家族の名前を並べた表札に

ペットの名前も書き加えられるなど、

人々の意識の変化が表札にも表れています。

 

材質も、強度が担保されるようになったガラス製や

タイル製、アルミやステンレスなどの金属製など、

続々と新しい材質が使われています。

表札のカタログを見ているだけでワクワクしてしまいます♪

 

ですが、カタログに載っている表札はどれも

良いお値段・・・。新築したときなら「ま、いっか!」と

出せた金額も20年経過したお家ですよ。

お手頃価格を選ぶでしょう!

佳志子家の表札は自然素材の「木」をベースに

アイアンで文字を並べる・・・それだけのはずが

未だに完成していません。トホホ・・・。

 

それでは!

 

 

 かしちゃん

WRITER記事を書いているスタッフ

くまっきー

大工見習い

くまっきー

kumakki

VIEW ALL→

2017

Nov

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
BACK TO LIST
TOP