イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2016.4.20

『湿気にご注意!』

Category:

こんにちは!

久しぶりの登場になります

現場監督の竹内です。

 

今まで何してたって?

日々現場で頑張っていましたよ(^^)

 

 

今回お話させていただくのは

あるお宅の床下です。

 

いつも、いつも、湿気っていて

乾くことがなかったそうです。

雨や雪の多い時には

水溜りになっていました。

 

最近建てるお家は、基礎工事の時に

床下までコンクリートを敷きつめるので

こういった心配はありませんが

一昔前まで布基礎だったので

床下は土でした。

 

 

 

 

「じぁあ、どうやって湿気をとったの?」

 

そのお宅は丘に建ち

道路から一階の床が1m20㎝位下がり

地窓もなく、空気が動かない状態。

 

まずは、雨水が家の脇で

地下浸透になっていたのを

家から少し離した場所に浸透させました。

 

まわりの環境にもよりますが

水はけがが悪い所は

なるべく遠ざけることを勧めます。

床下の水はけが雨水によりさらに悪くなるからです!

床下の水分はカビの原因になり

白蟻の住む環境を整えてしまいます。

 

その原因を絶ち、次の段階に。

少し改善が見られたので

次にやることは、空気を流すこと!

 

このお家は先ほど述べたように

道路から1m20㎝下がっています。

つまり道路側に地窓を付けられなかったのです。

地窓の付いていない側の

白蟻の被害がひどく

押入れの床は下に落ちていました。

そこで、多少お値段は張りますが

床下の換気扇の導入を試みました。

私の中での最終手段です。

(本来、機械の力ではなく自然の力が理想なので!)

 

工事後、床下を見て安心しました。

土が乾いて通常に戻っていました。

 

s-image1

 

いろいろな立地条件で

家を建てると思いますがもし地窓がない

もしくは地窓を塞いでいる(物置等で)場合は

気をつけて下さいね(^^)

 

それではまた!よろしくお願いします(^^)

 

 

たけうち しんちゃん

WRITER記事を書いているスタッフ

くまっきー

大工見習い

くまっきー

kumakki

VIEW ALL→

2016

Apr

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
BACK TO LIST
TOP