イチノイエ

BLOG

スタッフブログ

2017.9.08

『京壁の塗り直し工事やってます』

Category:

 

こんにちは、現場監督の竹内です。

京壁の塗り直しの工事をやらせていただいております。

 

京壁(きょうかべ)とは昔から和室の壁に用いられる日本の伝統的な塗り壁の一つです。

天然の土、木粉、けいそう土が配合されているので調湿機能を持ち、

その吸・放質性は湿度を安定させることができます。

 

最近は「京壁がポロポロ落ちるからクロスに貼替えてください」という方が多く、

なかなか現状を維持する工事(昔のまま残す工事)が少なくなってきました。

確かにクロス貼りにすれば汚れも付きづらく、付いても落としやすいですし、

さらに張替えも安価に出来る。ポロポロと落ちる事もありません。

 

しかし、左官屋さんが塗った本物の壁は、雰囲気が全然違います。

材料もよくなっており、ポロポロと落ちる事もないので、

塗り直しがおすすめです。

 

 

それでは、

塗り直しの現場の様子をみてみましょう!

 

まずは、左官屋さんが今までの壁を剥がしています。

 

 

特殊な材料を使い壁に塗るとだんだん壁が剥がしやすくなります。

今は鏝(こて)で薬剤を塗っています。

そのあと壁を剥がしていきます。

写真の上部白くなっている所が剥がした後です。

正直まともに見たことがなく、私が楽しんでしまいました。

 

 

さあこの後どうなったでしょう。次回のお楽しみです!

 

 

 

現場からは 以上です。

 

たけうち しんちゃん

WRITER記事を書いているスタッフ

くまっきー

大工見習い

くまっきー

kumakki

VIEW ALL→

2017

Sep

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
BACK TO LIST
TOP