一戸建て・注文住宅・規格住宅(長野・千曲市)ならイチノイエ

0120-596-903
  • 見学会イベント
  • モデルハウス
  • 商品ラインナップ
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 店舗情報
  • アフターサービス
  • スタッフ紹介
  • 家づくりコンセプト
  • 家づくりパートナー~協力業者様~
  • 地域とのつながり
  • 会社概要

『木材』

2018-08-21

こんにちは、藤原寛太です。

 

今回は木材の基礎のお話です。

丸太から角材や板材を作ること、

または作られた木材のことを「製材」と言います。

 

製材をする前には、一本の丸太から

無駄なく材料をとれるように、計画を立てます。

これを、「木取り」といいます。

木材の横断面を「木口(こぐち)」といいます。

木口から見て、髄(木目の中心)を含むものを

心持ち材(しんもちざい)、

含まないものを心去り材(しんさりざい)といいます。

 

木材の表面に表れる模様を木理(もくり)といい

柾目(まさめ)と板目(いため)があります。

 

柾目というのは、木材の縦断面に出る木理が、

平行なものまたはまっすぐなものをいいます。

年輪の直径かその付近で縦に切断した断面に現れます。

 

板目は、木材の髄を通らない面で縦に切断したとき,

木材の表面に現れる波形などの木理のことを言います。

 

柾目の中心に板目が表れることもあり、

その木理を「中板目(なかいため)」といいます。

 

また木材には裏表があり、樹皮側の面を木表(きおもて)、

髄側の面を木裏(きうら)といいます。

 

以上が、工業高校建築科に入って、

最初に習う木材の基礎知識でした。

 

かんちゃん

 


Copyright © ICHINOIE All rights Reserved.