一戸建て・注文住宅・規格住宅(長野・千曲市)ならイチノイエ

0120-596-903
  • 見学会イベント
  • モデルハウス
  • 商品ラインナップ
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 店舗情報
  • アフターサービス
  • スタッフ紹介
  • 家づくりコンセプト
  • 家づくりパートナー~協力業者様~
  • 地域とのつながり
  • 会社概要
長野で自然素材の家を建てる工務店 - 株式会社熊木住建 > お知らせ > スタッフブログ > 『競売に掛けられるまでと、その後 Vol.1』

『競売に掛けられるまでと、その後 Vol.1』

2018-07-15

こんにちは。よっしーです。

前回は、競売物件って何??

というのをお話しましたが、

今回は、

どうなってしまったら競売に掛かってしまうのか

をお伝えしたいと思います。

少し長くなってしまいますので

2回に分けてお伝えしますね。

 

お家を建てると住宅ローンの支払が発生します。

この住宅ローンを6か月滞納してしまうと

競売の手続きに入る事が多いです。

ただし銀行や金融機関によっては

3か月の場合もあるので、

おおよそ3か月~6か月ですね。

 

ただ、滞納してしまったからといって、

いきなり競売に掛けられたり、

差し押さえられる事はなく、

段階を踏んで「催告書」や

「督促状」などが送られてきます。

この段階だとまだギリギリセーフ。

滞納した分だけを一括で返済すれば

競売の手続きに入る事はありません。

 

ですが、これをそのまま放置してしまうと

高い確率で競売に掛けられてしまいます。

私が見てきた方々は、

この「郵送物」を見ていない、

若しくは気づかなかったなんて方もいて、

そのまま競売に・・・

というパターンが多かったです。

 

そして競売に掛けられることが決まると

「競売開始決定通知書」

というのが裁判所から届きます。

ここまで来てしまうと、

もうどうする事も出来ません。

仮に競売に掛かるのを止めるには、

「残りの住宅ローンの残金を一括返済」

しなければなりません。

 

住宅ローンの月々の支払いですら

払えなくなってしまったのに、

いきなり何千万というお金を

払える訳がありません。

 

競売に掛かる流れはこの様になっていきます。

次回はその後どうなるか・・・

というのを少しだけお伝えしますね。

 

 

 

よっしー


Copyright © ICHINOIE All rights Reserved.