一戸建て・注文住宅・規格住宅(長野・千曲市)ならイチノイエ

0120-596-903
  • 見学会イベント
  • モデルハウス
  • 商品ラインナップ
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 店舗情報
  • アフターサービス
  • スタッフ紹介
  • 家づくりコンセプト
  • 家づくりパートナー~協力業者様~
  • 地域とのつながり
  • 会社概要
長野で自然素材の家を建てる工務店 - 株式会社熊木住建 > お知らせ > スタッフブログ > 『次の冬もキレイに履きたい! 冬靴お手入れ&収納方法③』

『次の冬もキレイに履きたい! 冬靴お手入れ&収納方法③』

2018-04-25

こんにちは、

設計コーディネート担当のようこです。

 

 

今回も前回の続き、冬靴のお手入れ後、

収納するときの工夫をご紹介します。

 

湿気をためない

靴にとっての一番の敵は、ジメジメとした湿気。

箱に入れて収納する場合は、

小さな穴を数か所あけて通気性を良くし、

乾燥剤を入れて中に湿気が溜まるのを

防ぐようにしましょう。

乾燥剤がないときは、

紙を丸めたものを代用してもOK。

 

型くずれ対策

シワ寄りなどつけないために、ロングブーツなどには

ブーツキーパーを入れて収納しましょう。

除去しきれなかった汗の臭いや湿気を

脱臭・除湿する効果のある

木炭を使用したものも登場しています。

 

高い場所に収納する

低い場所は空気がこもって湿気が溜まりやすく、

カビが発生する原因にもなります。

冬物の靴をシューズクロークや

クローゼットなどにしまう場合は、

下の方ではなく、なるべく通気性の良い

高い場所へ収納するようにしましょう。

 

結婚前にがんばって買った革のブーツは、

デザイン的にもう履かないかな・・・

と思っているのですが、

なかなか捨てられずにいます。

そろそろ靴の断捨離をせねば!

と思う今日この頃です。

 

 

それでは!

ようこ ようこ


Copyright © ICHINOIE All rights Reserved.