一戸建て・注文住宅・規格住宅(長野・千曲市)ならイチノイエ

0120-596-903
  • 見学会イベント
  • モデルハウス
  • 商品ラインナップ
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 店舗情報
  • アフターサービス
  • スタッフ紹介
  • 家づくりコンセプト
  • 家づくりパートナー~協力業者様~
  • 地域とのつながり
  • 会社概要

『小さい子どもがいる家づくり』

2018-03-04

 

みなさまこんにちは

一の家熊さんの佳志子です。

 

以前、思春期の子どものいる家づくり

をお伝えしましたね。

 

総務・経理の佳志子さんが

お家づくりの話しって・・・と、

思ったそこのアナタ!

こう見えても私、一の家熊さんでお家を建てた

オーナーなんです。

 

もう、20年近く前になりますが、

ちょうど、今のみなさんと同じように

小さな子どもを抱えながら、

お家づくりを考えている一人でした。

なので、お家づくりと子育てを、

ちょっとだけ先に経験をした立場から

「やってみたから分かること」をお伝えしたいな・・・と、

思っています。

 

一の家熊さんで、お家づくりを考えているオーナー様は、

「子育て世代」

しかも、小学校入学前のお子さんがいる方が

圧倒的に多いので、

小さいお子さんがいる家づくりについて

お話したいと思います。

 

◆キッチンから目の届く場所に

 遊べるスペースをつくろう

 

小さいお子さんがいるご家庭では、

集中して料理をすることは難しいですよね。

 

赤ちゃんならば泣いたらすぐミルクをあげ、

オムツを替えなければなりません。

 

少し大きくなって、ひとりで遊ぶようになっても、

目を離した隙に危険なことをしていないか心配だし、

調理中にキッチンに入ったりすると危険です。

 

そこで、キッチンから見える位置に

お子さんが遊ぶスペースを用意すれば、

より安心して料理に集中するこができます。

 

その場合はキッチンにもリビングダイニングにも

近い場所が良いと思います。

 

このスペースは、

遊ぶ以外にも、お昼寝や、

お子さんが大きくなるまでは、夜お布団を敷いて

みんなで川の字になって寝ても良いですね。

 

来客の際に散らかったおもちゃを

さっと隠せるように間仕切りがついていると

更に使いやすいです。

 ↑

これ!佳志子家の工夫したポイント。

 

   

 

キッチンからよく見える階段の踊り場の下に

おもちゃの片付ける場所をつくったので

自然とその場所で遊んでいましたし、

片付けがとってもラクでした。

 

 

で、未だにここはその当時のまま・・・

 

続きは次回、主寝室のお話をしたいと思います。

 

それでは!

 かしちゃん


Copyright © ICHINOIE All rights Reserved.