一戸建て・注文住宅・規格住宅(長野・千曲市)ならイチノイエ

0120-596-903
  • 見学会イベント
  • モデルハウス
  • 商品ラインナップ
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 店舗情報
  • アフターサービス
  • スタッフ紹介
  • 家づくりコンセプト
  • 家づくりパートナー~協力業者様~
  • 地域とのつながり
  • 会社概要

『遺族年金VOL3』

2018-02-17

こんにちは義家です。

 前回、

【ご主人、奥さん、子ども2人の4人家族で、

厚生年金加入、ご主人の平均月収25万円】の場合、

遺族年金で貰える額が、

月額で137,103円とお伝えしました。

 

・・・では、ご主人様にもしもの事があった場合、

いくら生命保険でカバーしておけば安心でしょうか?

 

 現在の収入、

月収25万円―遺族年金13,7万円=生命保険11,3万。

そして、これから生活していくのは

【奥さん、子ども2人の3人家族】になります。

 

現在25万円必要とされている生活費も、

ご主人様分は、少なくて済むかと思いますので、

 

毎月の受取額が10万円程度の生命保険に加入すれば

十分ではないでしょうか。

 

保険の期間も子どもが成人するまでの、

約20年あればいいと思います。

(子どもの教育費は別として計算します)

 

上の図に保険に入った時の年齢と、

その時の保険料の一例を載せましたので

参考にしてみて下さい。

 

30歳の方でしたら、毎月の保険料が1,660円です。

 

どこの生命保険会社のパンフレットにも書いてあるのですが、

万が一の事が起きた場合、現状復帰してくれる

というのが、生命保険の意義です。

 

この万が一の場合に備えすぎて、

現状復帰以上になるような状態で、

生命保険に加入しすぎていませんか?

 

もちろん、これは一例になります。

それぞれの家庭によっても細かく変わってきますので、

詳しく知りたい方はご連絡下さい。

試算しますよ。

 

よっしー


Copyright © ICHINOIE All rights Reserved.