一戸建て・注文住宅・規格住宅(長野・千曲市)ならイチノイエ

0120-596-903
  • 見学会イベント
  • モデルハウス
  • 商品ラインナップ
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 店舗情報
  • アフターサービス
  • スタッフ紹介
  • 家づくりコンセプト
  • 家づくりパートナー~協力業者様~
  • 地域とのつながり
  • 会社概要
長野で自然素材の家を建てる工務店 - 株式会社熊木住建 > お知らせ > スタッフブログ > 『冬の暮らしを快適に お部屋の結露対策について①』

『冬の暮らしを快適に お部屋の結露対策について①』

2018-01-24

 

こんにちは、設計コーディネート担当のようこです。

 

冬本番です。毎日寒いですね。

今回はこの季節特有の悩み、結露のお話です。

 

結露は、空気に含まれる

水蒸気が冷える事により起こります。

外の気温と室内の温度差大きいほど発生しやすく、

毎年この季節は悩まされている方も

多いのではないでしょうか。

 

実は、放っておくと住まいや健康に

さまざまな悪影響を及ぼす可能性も・・・。

 

結露を放っておくとこんなことに・・・

空気中のゴミやホコリが

水滴にくっついてカビが発生します。

いやなニオイの原因になるだけでなく、

カビを好物とするダニまでもが部屋に繁殖し、

アレルギーなどの健康被害に繋がる危険もあります。

また、壁のクロスやフローリングが水分を吸い込んで

水ジミができたり、素材が傷む原因にもなります。

最悪の場合、家の内部まで染み込んで

断熱材や木材を腐らせてしまうこともあります。

 

結露が発生しやすいポイントをチェック

 

窓まわり

外気と室内の温度を最も受けやすく、

一番発生しやすい場所。

ガラスだけでなくサッシも

水蒸気が付着しやすいので要注意。

 

クローゼットの中

クローゼットの内部の温度は

室温よりも低くなっています。

ここに、室内の暖かい空気が入り込むことで

結露が発生します。

 

家具の背面

家具の裏側部分は、室内の熱が壁まで伝わらず、

冷えた空気が溜まってしまいます。

空気の通りが悪く、カビも発生しやすい場所です。

 

結露が発生するのは仕方ない部分がありますが、

快適に過ごしたいですよね。

 

次回は結露を防ぐためのひと工夫をお伝えします。

 

ようこ ようこ


Copyright © ICHINOIE All rights Reserved.