一戸建て・注文住宅・規格住宅(長野・千曲市)ならイチノイエ

0120-596-903
  • 見学会イベント
  • モデルハウス
  • 商品ラインナップ
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 店舗情報
  • アフターサービス
  • スタッフ紹介
  • 家づくりコンセプト
  • 家づくりパートナー~協力業者様~
  • 地域とのつながり
  • 会社概要
長野で自然素材の家を建てる工務店 - 株式会社熊木住建 > お知らせ > スタッフブログ > 『長く大切に使いたい木製家具のお手入れ法』

『長く大切に使いたい木製家具のお手入れ法』

2017-12-09

 

こんにちは、ようこです。

今回は11月号のニュースレター“ライフデザイン”の続きで、

木製タンスの使い方やお掃除方法をご紹介します。

 

タンスの引き出しが開かない時

木製タンスの引き出しは、

湿気を吸い込み開きにくくなる事があります。

その場合、ドライヤーの冷風を側面に当てて、

湿気を取り除く事で元に戻ります。

引き出しの滑りを良くするには、

本体とこすれる部分にロウを塗ったり、

サンドペーパーで少し磨くとスムーズに。

 

設置場所に注意

木製タンスは、

直射日光や暖房器具の風が直接当たらない場所に

設置して下さい。

色が褪せたり、乾燥で反ったり、

ひび割れの原因になります。

 

湿気が溜まらないように

木製家具に湿気は大敵!

湿気が溜まりやすい家具と壁の間には、

5~10cmほどの隙間を空けて風通しを良くしましょう。

 

傷がついてしまったら・・・

小さい引っかき傷は、

市販の補修材目立たなくすることができます。

クレヨンタイプやマーカータイプのものなどがあり、

家具の色に合わせて選びましょう。

丈夫に作ってある木製タンス、

大事に長く使っていきたいですね。

 

ようこ ようこ


Copyright © ICHINOIE All rights Reserved.