一戸建て・注文住宅・規格住宅(長野・千曲市)ならイチノイエ

0120-596-903
  • 見学会イベント
  • モデルハウス
  • 商品ラインナップ
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 店舗情報
  • アフターサービス
  • スタッフ紹介
  • 家づくりコンセプト
  • 家づくりパートナー~協力業者様~
  • 地域とのつながり
  • 会社概要
長野で自然素材の家を建てる工務店 - 株式会社熊木住建 > お知らせ > スタッフブログ > 『頭金ってどの位使ってもいいの??(残しておいた方がいいの??)』

『頭金ってどの位使ってもいいの??(残しておいた方がいいの??)』

2017-11-18

こんにちは。よっしーです。

 

今回は、安全予算を知る勉強会の時に

参加者の方からよく質問されるので、お答えします。

 

お家を建てる時に

現在の貯蓄の全額を頭金にあてるつもりで

考えている方がいるのですが、

それは要注意です。

その理由には主に3つあります。

 

①お家を建てる時には

諸費用として、印紙代、登記費用、住宅ローン保証料、

建物の火災・自身保険料、仲介手数料、固定資産税、

不動産取得税、引っ越し費用などが必要になってくるからです。

 

土地から購入される方と、

建物のみを購入される方によって

条件は異なるのですが、

基本的には物件価格の3%~9%の

「諸費用」が必要になるケースも多く、

一般的には現金で補うケースが多いので、

現金を残しておく必要があります。

(銀行さんの融資で借りられる物もあります)

 

②ゆとりを持った貯蓄を

手元に残しておくことが大切だからです。

引っ越し時には引っ越し費用や挨拶費用、

新生活をはじめる時には家電や家具、

生活道具などといったものに色々と現金が必要になってきます。

その他、支払のタイミングが

お家の完成後になる税金などもあります。

貯蓄の全てを頭金にと考えている方がいるのであれば、

あまり無理をしない方が賢明と言えるかもしれません。

 

③いざという時のリスクヘッジには

現金が必要になる場合が多いからです。

例えばケガや病気で入院した場合など、

住宅ローンを払いながら、

入院費も払っていかなくてはいけなくなる場合もあります。

そうなった時にすぐに動かせる現金が無いとどうでしょうか。

入院した場合だけで無く住宅ローンの支払は35年あります。

この長い間に何が起きるか分かりません。

その時の為にも現金を手元に残しておく事は

リスクヘッジの為には凄く大切な事です。

 

 

では、どの位現金を残すべきか・・・

これはご家族によってやはり違いがあるので、

まずは資金計画をして

住宅会社さんに相談してみてくださいね。

 

よっしー


Copyright © ICHINOIE All rights Reserved.